新宿高層ビル群より愛を込めて
by matsuda-naoki
以前の記事
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
カテゴリ
全体
趣味
生活
将来
写真
小ネタ集
自己紹介
最新のコメント
googleでかぶるのよ..
by 名前が at 07:28
又名前変えたのか。
by お馬鹿様 at 18:03
どうなんかねえ?誰が押し..
by naoki at 06:51
俺は何もしていないぞ。直..
by お馬鹿様 at 03:28
マンガ喫茶から愛を込めて..
by みゆき at 04:05
My favorite
ライフログ
おすすめキーワード(PR)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite


一様

こっちのサイトの名前変えました。ググると新しいサイトとかぶってしまうので。

今まで通りにこっちは私用、あっちは公用ですので。なんかあったらどっちでもかきこしてちょんまげ
■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-05-13 04:04 | 生活

もう一個のブログ

大学生ブログランキング92位だってさ・・・なんかいきなり上がって超不思議・・・・

ほりーとか推してくれてんのかな?どうもっす。

あ~~ねむい
■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-05-13 03:57 | 生活

広告コメント&トラックバック禁止

商業利用はやめて下さい。
■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-05-08 04:19 | 自己紹介

ドメイン取得後の変化

独自ドメインの方のアクセス解析してみると、一日最低40人ぐらい人が見てるみたいです。完全公開&レポート表示ONにしてると言っても、結構な人数だことで。完全に個人的な物じゃなくなりつつあるんですよね・・・・

てことでやっぱ個人的なことはこっちに書く事にします!



           「吉備高原のみんな~~!集まれ~~!!」



■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-04-22 19:56 | 生活

アドレス変更

半ばギャグなんですがね・・・・独自ドメインとっちゃいまして・・・・
http://nontaro.net です。nontaro.comがとりたかったのですが、先約がいたようでして。まあ許容範囲ということでnontaro.netに決定。

それに伴いましてブログサイトのほうも変更いたしたいと思います。ぱちぱちぱち

http://blog.nontaro.net/

です。身内の方々変更よろしく!


一ヶ月後に「俺ブログexciteから独自ドメインのに代えたんよ」と言った時に



    「え~~~!!そうなんですか会長!!早く教えてくださいよ!!」



と言った者・・死刑


      
■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-04-19 17:32 | 自己紹介

すげえ・・・

今Yahooで「nontaro」って検索してみたら、なんと4番目に登場した・・・

Yahoo検索では、まずYahoo関係のページ内の情報(管轄のサーバー)を探し、もしその単語が見つからなかったら、ロボット検索型サイトで有名なgoogleでの検索結果を表示するんですよ。多分そっちでみつかったのかな。

いつの日にか自分の本名で検索したら1番で表示される存在になりたいものです。

今は・・・サッカー選手が出てくる・・・
■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-04-17 19:14 | 小ネタ集

革新的靖国問題解決法 解決編

それではハマコー案の紹介です。

「対外国の政府から見て、日本の首相がA級戦犯が奉られている神社にお参りせずに、靖国神社はA級戦犯を分祀せずに、靖国神社関係者が納得しながら、日本の首相が靖国神社にお参りする」

為に必要な事とは何か。答えは「分祀をしたことにする」なのです。
ハマコーの案を簡潔にまとめると、

①日本の大物政治家(僕自身では小泉純一郎が最適任ではないかと思う)が「靖国神社の宮司に「靖国神社にA級戦犯が合祀されていることが日本の外交問題になっている。どうか、A級戦犯を分祀して下さい(した事にしてください)」とお願いする。

②靖国神社の宮司は公に向けて、「A級戦犯とされた者は、靖国神社から分祀されました。分祀されてた場所については宗教上の理由につきお話しすることは出来ない」と言う。

というものです。
簡単に説明します。まず現状として、ここ15年にわたって靖国神社が政府の要請を断ってきた経緯を考えると、諸外国政府は靖国神社の声明を政府の押し付けだと断定できない。靖国神社の宮司は、対外国にA級戦犯が分祀された場所を詰問されたとしたら、日本国憲法の宗教の自由の元、言わなくてよい(合祀名簿の公表も同様の理由により避ける)。靖国神社関係者は、これだけ外交問題になってる案件であることを承知している事を考えると、「ああ、この宮司の声明は諸外国に向けてのものだな。」との認識を持ち、神仏集合観から外れるものであるとは考えない。

まあ簡単に言うと、現在の日本国家の代表者(また同等の有力政治家)が、靖国神社の宮司に対して嘘をお願いするというものです。問題点として
①靖国神社の宮司が声明をだせる形を作り出せれるか。
②本当に韓国&中国政府は文句をつけれない状況になるか。
③活動的な右翼団体が納得をするか。
といったところでしょうか。まあ何かがあった場合には宮司が身を引くことにもなるかもしれないですが。
以上

予断ですが、ハマコー先生は、幾度か靖国神社の宮司を訪れて、以上の事を土下座してお願いしたそうです。

小泉純一郎の任期が9月でおわる・・・となると・・・



           「純一郎!お前の一日をオラに分けてくれ!」



はたして、純ちゃんは10月に元気玉を打てるのか~!お~い。純ちゃ~ん!
■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-04-15 12:46

靖国問題の話の続き フォーー!

この問題をまとめると、つまり、先の説明に出てきたⅠ~Ⅳの登場人物が自分の意見が叶えられる状態があればいいのです。簡素化し要素をまとめると、



「対外国の政府から見て、日本の首相がA級戦犯が奉られている神社にお参りせずに、靖国神社はA級戦犯を分祀せずに、靖国神社関係者が納得しながら、日本の首相が靖国神社にお参りする」



ことが出来ればいいのです。

・・・・え?出来ないだろうって?それが可能っちゃ可能なのがハマコー意見なのです。
まさに


            「外交とは、針の穴に象を通すようなもの」



って言葉のとおりでしょうか。次が最終回です。んじゃまた。
■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-04-14 17:35 | 趣味

靖国問題の話の続き 現状分析編

まず問題に関わる人物、団体を要素に分けて状態の簡単な説明を入れたいと思います。簡単に言うと大学でやってるケーススタディーみたいなものです。かなり団体や個人の意思をおおまかに説明しているので、そこん所はつかないでください。

登場人物・団体

Ⅰ 中国&韓国の政府や体制側団体
靖国神社にA級戦犯(東条英機、広田弘毅等)が合祀されていて、そこに日本国の総理大臣が行く事に対して反発。日本政府関係者が戦没者追悼施設に行くこと自体に反発しているわけではない。

Ⅱ 現在の日本政府
首相小泉純一郎。自民党の党首選挙の際に公約として靖国参拝を掲げ、現在までの在任期間4年内に3回訪問。訪問前、後の他国からの批判を考えて未だに終戦記念日8月15日に参った事はない。他国に対する一定の配慮があると見られている。

Ⅲ 靖国神社
戦前は東京招魂社として国家(政府)の統治下にあったが、戦後に宗教法人として独立。憲法上の思想・良心、宗教の自由の権利の元に存在し、国会意思を政府が押し付ける事は現状では出来ない。数年前、自民党幹事長がA級戦犯を分祀してもらえないかと持ちかけたが、
①日本国の神仏集合の観念から行って、どんな悪人でも死んだ者の魂は仏となる。
②観念上、一度奉った者を分祀することはできない。
③A級戦犯に指定された者で、戦後、現憲法下で外務大臣を務めた者もおり、靖国に奉られた彼等だけが悪と決めるのはおかしい。
との理由で断る。正確には③は東条英機の子孫に当たる者が言った事です。まあ登場人物のⅣとして 日本国内の戦没者の子孫、関係者ってのが挙げられ、この存在が靖国神社の後ろ盾となっていると言える。

こんな感じでしょうか。Ⅳに関してですが、「関係者」に当たるものは、戦没者に生活上での付き合いを持った人というものと他に、右翼団体といわれる方々、潜在的存在として意識的に日本国民として先代の方々にに感謝の意を表している方達があげられるでしょう。

とりあえずこんな感じで。まあかなり簡素な関係図ですが大筋はあっているとおもいます。

・・・続きを書きたいのですが、4限の授業の時間が迫ってきたのでちょっと大学に行ってきます。今日中には書き終えたいと思います。では


あと、今日の1限の授業が前早稲田大学総長の奥島さんの手形法の授業だったのですが、その時のネタ



  「お金がなくなったら、破産するのは間違い。破産するのには50万はかかるからな」



世知辛い世の中です・・

では学校に行ってきます!今日が初の労働法ゼミw
■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-04-13 13:48 | 趣味

お前を蝋人形にしてやる! by10万21歳

何かしらでプレゼントをあげなきゃいけない時があるじゃないですか。お歳暮、結婚祝い、結納返し、ツバメ返し・・・etc。相手が付き合ってる人だとか、友達、親兄弟、祖母、祖父の辺りまでかな、精神的に距離が近い人なら、ある程度趣味とか趣向を知ってるわけで、簡単に物を選べるでしょう。

しかし、ちょっと距離があるとなかなか選べない事も出てきますよね。「あの人ビール飲めたっけ?」、「海苔なんか貰ってもそんなに食べるのかなあ?」「形に残る物の方がいいのかなあ?」とかね。

そんな時に最近流行ってるのが、「分からないから、相手に選ばしちゃえ!」ということで、カタログギフトってのがあるそうですな。まあ貰う側の気持ちになっても要らない物が来るよりはまだましって所でしょうか。

洗剤、ビール、ハム、タオルなんかでは当たり前すぎるよねえ。かといって置物、バック、時計なんかだと趣味趣向にあわなきゃただのゴミになっちゃうし。

どんな物を渡すにしろ、渡した物には送り主ってものが反映されてなければ意味が無い。
毎年同じものを送って「ハムの人」「」「脱臭剤の人」と言われるのも一つの姿の現し方といえよう。しかし、これだけプレゼントが錯綜する中で’自分’というものを表すにはもっと深い洞察を持って考えなければならないのではないだろうか。

ここで私が考えた送る物に対して求められる要素は5っつ。

①邪魔にならない

②役に立つ、日常生活で使える

③ちょっとその人らしさを出した物 他の人とはかぶらない

④一般的に相手に喜ばれる

⑤自分ではめったに買わないけど、他人から貰ったなら嬉しく使うもの

これらの要素と照らしあわせ私が思いついた一品!!



          入浴剤なんてどうでしょうか?



最近は色々あるんすよ。昔ながらの○○温泉の素とかじゃなくて、お湯がスライムみたいにぐにょぐにょしてくるのとか、肌がすべすべになる奴とか。泡風呂とか超おもしろかったw

えーとくにこのコラムには意味がありません。てか思いついた事のただの日記です。以上
■  [PR]
# by matsuda-naoki | 2006-04-12 11:03 | 生活
< 前のページ 次のページ >